情報通信業の未来・メリット | JIETの就職氷河期世代向け就職支援プログラム

情報通信業の未来・メリット | 就職氷河期世代向け就職支援(就労支援)ならJIETの短期資格等習得コース - 無職・非正規就業者の方、IT未経験からプログラミングを学んでシステムエンジニアとして正社員就職を目指そう!

JIETの就職氷河期世代向け就職支援プログラム「情報通信業の未来・メリット」をご覧の皆様へ厚生労働省受託事業の本プログラムでは、就職氷河期世代の方々が未経験でもIT業界で正社員システムエンジニア(SE・プログラマー・システム運用等)として働くための資格・技術・プログラミング(Java・C言語等)を短期間で習得可能です。
さらに、職場体験・合同企業説明会などを通じて、就職活動も支援していきます。

情報通信業の
未来・メリット

在宅ワークへの対応が進んでいます。
育児・介護にも柔軟に対応。※1

プロジェクト管理ツール「Backlog」を展開しているヌーラボは、同ツールと使用しているユーザーを中心とした580名を対象として、「第2回新型コロナウイルス感染症に伴ったテレワークの導入に関する調査」を実施。
4月22日に公表。調査期間は4月6日~4月10日。

IT業界の方に、職場から「テレワーク」に関しての指示があったか、の質問に対して、テレワークに対して「以前から可能だった」「今回をきっかけに許可が出た」と回答した人が、

2月時点で、45.2%
4月時点で、84.5%

元々45.2%と他業界に比べて高い水準にあった上に、緊急事態宣言を受け、企業のテレワーク導入率は急激に上がっております。

在宅ワーク(テレワーク)への流れは仮にコロナが収束した後も、完全に戻る事は無いと言われており、柔軟な働き方が増加してきております。

※1 引用…Backlog総研調べ「第2回新型コロナウイルス感染症に伴ったテレワークの導入に関する調査」

デスクワークで知識を生かせる仕事です。
技術があれば年齢にかかわらず活躍できます。※2

経済産業省の調査によると、2030年には、最小で約16万人、最大で約79万人のIT人材が不足するという試算がでております。

  • ITの市場規模が益々大きくなっていく
  • AIやIoT、ARなど新しい技術が出てくる
  • DXという言葉の通り、様々分野でITが進む

上記などの要因があり、今後も業界における人材不足は解消が難しいと言われております。

※2 引用…経済産業省「IT人材需給に関する調査」

益々推進されるIT化社会を支える、
将来性のある業界です。※3

総務省の「平成30年度 ICTの経済分析に関する調査」では、IT業界(情報通信産業)の国内市場規模は99.8兆円と、他の産業に比べて、最も大きく、全体の10%を占めています。

また、経済産業省の「通商白書」によると、新型コロナウイルス感染拡大によって人と人の接触の制限され、テレワークやオンライン会話アプリの普及など、デジタルを活用したコミュニケーションの加速されることが予想されています。

「GAFA」という言葉が最近一般的になってきましたが、国内外のトップ産業はIT業界です。
またコロナによる更なる追い風もあり、更なる発展が予想されます。

※3 引用…総務省「平成30年度 ICTの経済分析に関する調査」