受講までの流れ | JIETの就職氷河期世代向け就職支援プログラム

受講までの流れ | 就職氷河期世代向け就職支援(就労支援)ならJIETの短期資格等習得コース - 無職・非正規就業者の方、IT未経験からプログラミングを学んでシステムエンジニアとして正社員就職を目指そう!

JIETの就職氷河期世代向け就職支援プログラム「受講までの流れ」をご覧の皆様へ厚生労働省受託事業の本プログラムでは、就職氷河期世代の方々が未経験でもIT業界で正社員システムエンジニア(SE・プログラマー・システム運用等)として働くための資格・技術・プログラミング(Java・C言語等)を短期間で習得可能です。
さらに、職場体験・合同企業説明会などを通じて、就職活動も支援していきます。

受講までの流れ

受講までの流れ

  • 説明会
    説明会
  • 申し込み
    申し込み
  • 面接・筆記試験
    面接・
    筆記試験
  • 合否連絡・受講決定通知
    合否連絡・
    受講決定通知
  • 事前面談
    事前面談
  • 受講開始
    受講開始

1説明会

  • 短期資格等習得事業の実施目的、目標、仕組みの紹介
  • NPO法人日本情報技術取引所(JIET)の紹介
  • 訓練コースごとに、カリキュラムやプログラミング技術の特徴の紹介
  • 就職支援講座の紹介
  • IT業界の現状、求められる人材像について
  • 職業訓練受講給付金のご案内
  • 受講までの手続きのご案内

2申し込み

所定の申込用紙に必要事項を記入(一部、手書きあり)して運営事務局へメール、又はFAXで申込

3面接

集団面接で訓練コース志望動機、業界理解、将来像などをヒアリング

4筆記試験

国語…漢字の読み書き、四字熟語など
数学…四則計算、分数・小数・確率・文章問題など

5合否連絡・受講決定通知

面接・筆記試験の通知をメールで連絡。合格通知書は受講決定通知を兼ねる

6事前面談

個人面談で訓練生自身の経験や持っているスキル、訓練を通じてどのような可能性が広がるのかなど一人一人に寄り添った就職支援開始

7受講開始

厳正な基準を満たしたプロの講師による技術講習の開始